ダイエット方法 20代

20代の人のダイエット方法は食事制限と運動を守って、健康を害さないメニューで組んでいきましょう。

「多少は無理をしても、若いから大丈夫!」という考えもあるかもしれませんが、それも後々響いてきたりしますからね。

また、若い人ほど、心のバランスを崩してしまいがちですから、あまり自分を追い詰めないようにしていきましょう。

おすすめのダイエット方法

ダイエット方法は色々ありますので、普段の生活の中で無理の無い方法を選んでいくようにしましょう。

置き換えダイエット

食事制限の一つとして、置き換えダイエットを行ってみてはどうでしょうか。

3食中1~2食を、ダイエット食品にしていくことで、体重を落としていきます。

置き換えダイエット用のダイエット食品はドラッグストア、通販で購入出来ますし、味などのバリエーションも多いです。

なるべく短期間で効果を実感したいなら、2食をダイエット食品にしていくといいですね。

メリット

簡単、というのが大きいですね。

1食の代わりにダイエット食品を食べていけばいいので、用意も簡単です。

食事制限用のダイエットレシピを考える必要も無いですので、めんどうくさがりの私でも続けていくことが出来ましたよ。

味も本当に色々あるので、好きな味の時はテンションが上がって、楽しく利用していくことが出来ました。

また、ダイエット食品は栄養バランスも考えられているので、ダイエット中に偏ってしまう栄養を補うことが出来ますよ。

デメリット

高い、ですね。

ダイエット食品を購入するのは、自炊するのより高値になります。

また、味に色々なバリエーションがあると言っても、それでも合わない味というのもあります。

私もいくつかのメーカーのものを試したりしたので、その分出費がかさみました。

ただ、そこを利用して「高いお金出したんだから、絶対に痩せてやる!」という意識に摩り替えていくことは出来たので、そういう点はもしかしたらメリットと言えるかもしれないですね。

絶食ダイエット

あまりおすすめ出来ませんが、短期間で体重を落としたいなら絶食ダイエットもいいと思います。

食べなければ痩せる、を実行していくだけなので、簡単です。

また、料理を作ったり、カロリー計算をする必要も無いので、めんどうくさがりな人にはおすすめです。

メリット

簡単です。やっぱり、これが一番大きいです。

余計なことを考えずに、食べなければいいだけです。

それだけで体重を落としていけます。

デメリット

リバウンドする可能性が非常に高いです。

また、体調を崩したり、心のバランスを崩してしまうことも多いです。

特に若い人は、拒食症などになってしまったりもしますので、絶食ダイエットは個人的にはおすすめ出来ません。

エネルギー不足で日中の集中力が落ちたりしますし、次に食べたものの大半が脂肪になったりしますから、ハイリスクハイリターンなダイエット方法です。

試すというのであれば、なんの予定も無い休みの日を利用した1日~2日だけ試してみたりするといいかもしれません。

または、遅くまで予定が立て込んでいて、夕食と寝る時間の間隔が短い時に、夕食を抜くというのもいいかもしれないですね。

眠れないくらいの空腹は翌日に響きますので、そういう時はスープなどで胃を満たすくらいはしておいた方がいいですよ。

運動ダイエット

健康的に痩せていくのであれば、やはり食事制限+運動が一番です。

有酸素運動を行えば、脂肪が燃えやすくなりますので、水泳・ジョギング・ウォーキングなどを行ってカロリーを消費していきましょう。

それ以下の摂取カロリーにしていけば、痩せていきますよ。

おすすめは、更にストレッチと筋トレを組み込んでいくことですね。

ストレッチで血行を良くして、筋トレで体脂肪を分解していくと、有酸素運動で脂肪を燃やしやすくなりますよ。

メリット

健康的に痩せていくことが出来ます。

また、筋トレを行って筋肉を作っていくことで太りにくい体質になっていくことが出来ます。

目標体重をクリアしたら、その体重をキープしていきやすくなるので、理想体型のまま生活していけます。

デメリット

途中で挫折することが多いです。

運動メニューや食事のレシピを厳しめにすると、継続していくことが難しくなって、途中で挫折することが多いです。

同じことの繰り返しに飽きてやらなくなる人も多いです。

レコーディングダイエットなど、記録を残していくと目視で成果を気にしていけるので、試してみてもいいかもしれません。

適当なノートでもいいですし、レコーディング用のアプリもあります。

もしくは、ブログに記録を残していって、ある意味、他者に監視してもらうのもいいと思います。

まずは、1週間程度を目安に運動、食事メニューを考えて、続けていくようにしましょう。

ダイエットは長い目で見る

露出が増える時期が近くなると、短期間で体重落としたいと思うかもしれませんが、それで体を壊しては意味がないです。

体重はそこまで落ちませんが、筋トレを行って体を引き締めていくというのもいいと思います。

長い目で見て、飽きずに続けていけるダイエット方法を行っていくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする