ダイエット方法 簡単

ダイエットを簡単に行っていくことも出来なくはありません。

どうすれば体重が落ちるのかが分かっていれば、効率よくダイエットを進めていくことが出来ますので、それは簡単にダイエットを成功させることに繋がると思います。

ただ、短期間で簡単に痩せるというのは体調不良に繋がるので、そういう方法の説明は除外させて頂きますね。

簡単な食事制限

ダイエットを行う時に大切なのは、摂取カロリーを抑えることです。

そうすれば、普段の食事量の時に行っていたよりも運動量を減らしたとしても、体重を落としていくことが出来ますよ。

そこで、簡単に出来る食事制限について説明していきます。

高たんぱく質低カロリーを心掛ける

基本中の基本ではありますが、低カロリーの食事メニューを組んでいきましょう。

炭水化物を減らして、野菜中心のメニューにしていけるといいですね。

また、そこにたんぱく質を加えていくことで、筋肉を作っていくことも出来ます。

筋肉は脂肪を燃焼させる効果がありますし、きちんと鍛えていけば、見た目も綺麗になりますし、太りにくい体質になっていくことが出来ます。

肉や魚からの動物性のたんぱく質や、豆類などからの植物性のたんぱく質などを上手くメニューに組み込んでいきましょう。

食べる順番に気をつける

食べる順番を意識していくと、食べ過ぎないで済みます。

まず、食事の前にコップ一杯の水を飲みましょう。

水を飲むことで、空腹が紛れるので、自然と食べる量を減らしていきやすくなります。

その後、野菜中心のサラダ、汁物、たんぱく質(肉、魚類)と順番に食べていって、最後に炭水化物のパンやご飯を食べるのがいいですよ。

食べる順番に気をつける理由は2つあります。

1.満腹中枢を刺激するため

満腹中枢は食事を始めて、およそ20分後くらいに反応が出てくるそうです。

よく噛んでゆっくり食事をしていれば、たんぱく質を摂取した辺りからお腹がいっぱいになってきて、糖質量が多い炭水化物の食べる量を減らすことが出来ますよ。

2.血糖値の上昇を防ぐため

炭水化物を先に摂ると、血糖値が急激に上昇するため、太ることに繋がります。

先に野菜などを食べておくことで、血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ますので、太りにくくなっていきますよ。

食べる時間に気をつける

人は空腹時間が長くなると、体が飢餓状態であると認識して、生きるために脂肪を蓄え始めるそうです。

ですので、食事を抜いたりしないで、三食きちんと食べていくことも大切です。

出来るだけ、毎日規則正しい時間に食べていけると、体も食事の時間に慣れてくるので空腹を感じるのも抑えていくことが出来るはずですよ。

もし、食事と食事の間の時間が長いのであれば、水を飲んだりしていくといいですね。

胃に水があるだけでも、体は飢餓状態であると認識しにくくなるそうですよ。

また、夜寝る前の食事にも気をつけましょう。

出来れば18時までに食事を終えるか、寝る3時間前までに食べ終えているといいですね。

ただ、夜の22時以降は体が脂肪を蓄える時間帯になるそうです。

特に夜中の2時~4時はその働きがピークになるそうですから、この時間帯の食事は避けていくのがいいですね。

食事制限が出来ていると、運動も楽になる

ダイエットの基本は消費カロリーが摂取カロリーよりも多くなることです。

食事制限をしていくことで、カロリーの消費量が減っていきますので、運動も楽になっていきます。

運動が苦手な人は特に、食事制限を上手く行っていって、効率よくダイエットを進めていきましょう。

運動も筋トレを行っていくと、有酸素運動の効果が高くなりますので、平日は時間が無いという人も、スクワットなどの筋トレを行っていってみましょう。

たんぱく質を摂取する食事をしているなら、この筋トレの効果も高くなりますし、脂肪を燃やしやすい体にしていけるので、太りにくい体質に変えていくことが出来ますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする