ダイエット方法 50代

50代の方がダイエットを成功させるには、『成功させるポイント』を意識していくのがいいそうです。

基本的に50代の方のダイエットは、20代30代の人のように短期間で10kg落とすといったダイエット方法ではありません。

50代の方がダイエットを成功させるコツは『無理なく長期的に続けていくこと』になります。

そこで、長く続けていくための『ダイエットを成功させるポイント』をご紹介致します。

ストレスを溜めないこと

途中でダイエットをやめてしまう理由の一つは「ストレス」によるものが多いです。

ストレスを感じていなければ、楽しく続けていくことが出来るので、ダイエット中は上手くそのストレスを発散していくのがポイントになってきます。

いきなり食べる量を減らしたり、運動量を増やしたりするのはストレスに繋がってしまいます。

最初は、自分への負荷が少ない量から始めていくことが大切です。

食事制限もまずは間食を減らしたりすることからでもいいと思います。

運動も最終的にはジョギングをしようと思っているのだとしても、まずはウォーキングから始めていくのもいいと思いますよ。

また、可能であれば、一緒にダイエットに取り組める仲間がいるといいですよね。

家族に協力してもらったり出来れば、ダイエットの話をしながら取り組んでいけるので、ストレスも解消しやすいのではないでしょうか。

サプリメントを上手く利用する

50代になってくると、基礎代謝が落ちてきてしまいます。

そのため、少しの運動ではなかなか体重が減っていきませんので、それもストレスに繋がっていきます。

ですので、そういう時は脂肪燃焼系のサプリや、糖質や脂質の吸収を抑えてくれるサプリを利用していくのもいいと思いますよ。

サプリを飲むだけで痩せていくことは出来ませんが、運動などの効果を実感しやすくなっていきますし、痩せやすい体質に変えていくことも出来るそうですよ。

食生活に注意する

ダイエットの基本はやはり食生活です。

糖質の摂り過ぎに注意するのは勿論なのですが、血糖値が上がってしまわないように気をつけることも大切です。

血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌されます。

このインスリンによって分解された糖質はエネルギーになることが出来なければ、そのまま脂肪として溜まっていってしまいます。

運動したりサプリを利用しても、脂肪が溜まっていっては、痩せていくのは難しいですから、食生活には充分気をつけていきましょう。

栄養素への注意もそうですが、血糖値が上がりやすいご飯や肉を後回しにして、先に血糖値が上がりにくい野菜や汁物を食べる、といった食事の順番に注意してみるのもいいと思いますよ。

食事のポイント

無理なくダイエットを続けるには、食事によるストレスを溜めないようにすることも大切です。

効率よくダイエットを進めていける、食事のポイントもご紹介致します。

朝食をきちんと食べる

ダイエットのために、食事の量を減らしたりする人もいますが、それは夜だけにしておきましょう。

朝食は、しっかり食べたとしても夜寝る前に消化されますので、太る原因にはなりません。

朝食の量を減らしてしまうと、昼、夜と沢山食べてしまう可能性がありますので、寝る前の食事の量を減らすためにも、朝の内に食事を楽しんでおくのもいいですよ。

腹七分目を意識する

腹八分目がちょうどいい、とは言いますが50代になったらその手間の『腹七分目』を心掛けていくようにしましょう。

年齢を重ねていくと、消化機能が低下しているので、ちょっと物足りないと思うくらいが丁度いいくらいですよ。

炭水化物はなるべく食事の後半に摂る

「食生活に注意する」という項目でも触れましたが、血糖値が上がるのでご飯やパン類は食事の最初ではなくて、なるべく後半に食べた方がいいですよ。

血糖値が上がっていくのと一緒に、満腹中枢が刺激されて満腹感が高まっていきます。

先に野菜や汁物などのカロリーの少ないものを食べて満腹を感じていれば、自然と炭水化物の入る量が減ってきて、ダイエットになっていきますよ。

野菜をしっかり食べる

年齢と共に、体に必要な栄養素が減っていってしまいますので、栄養補給のためにも意識して野菜を多く食べていくようにしましょう。

野菜は食べても太りにくいですから、食事も野菜を中心にした献立にしていくといいのではないでしょうか。

50代のダイエットのまとめ

50代の方がダイエットを成功させるためには、『無理をせずに、自分の出来ることからチャレンジしていくこと』が大切になります。

ストレスを溜めずに、長期的な目で見て、長く続けていけるダイエット方法を選んでいくようにしましょう。

食生活を改めたりサプリを利用しつつ、無理の無い範囲で運動を取り入れていけば、ダイエット効果も高まっていきますので、自分でも痩せてきていると実感しやすくなると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする